PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
リンク集
美味しい生活とグルメとご飯と
美味情報白書
美味しいご飯生活
ま〜さん堂 美味しい情報局
我が家の食卓!
美味しいって、素材の安全があって初めて成り立ちますね。我が家の二人の娘、小学生。そして、愛する妻。いや〜、健康あってのものだね♪ 最近は外食も、その素材が気になります。素材が安心・安全であれば、こんなに美味しい生活はありえません。 らでぃっしゅぼーやの歴史と安心感、すごいですよ。 我が家はらでぃっしゅクラブ でさらにお得! 野菜って甘いというのが娘たちの反応です!!
当サイトオススメ!
ママや子どもの便秘対策に効果を感じました。

便秘のつらさって、本人しかわかりません。子どもにも使える安心オリゴ糖の紹介です。

カイテキオリゴ
美ら島にらい沖縄
パパの趣味はデジタル一眼レフ。パパの撮った写真を展示販売してくれているショップ「美ら島にらい沖縄」さんのご紹介です!

美ら島にらい沖縄

ぜひ、パパの写真を見てくださいね〜。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    病院での便秘対処 娘の便秘対処方法
    0

       

      子どもの便秘の病院における治療法例を調べてみました。

      というのも我が家の長女、いまでは便秘なんてほとんどないようですが、幼児期、3歳ごろはかなりひどい便秘症状に悩まされました。

      パパが仕事に行っている時に、ママから緊急の電話。なんと長女がお腹が痛いと言って転げまわっているということで急遽、病院へ。

      パパはもうパニック。でも、すぐに抜けるわけにもいかない仕事の状況で、やっと抜けることができて病院へ。病院に到着してまたびっくり。病院の待合室のソファ―で飛び跳ねて遊ぶ娘の姿。


      もう、腰がへなへなになってその場に座り込んだ経験があります。

      病院、娘を助けてくれてありがとうという気持ちと、いったい何があったんだという思いがぐるぐる回っていた記憶があります。


      便秘気味であるにも関わらず、そのままの状態を放置し続けることによって、便秘がひどくなることがあります。

      食生活の改善をおこなうことなどにより、便秘解消を目的とした生活を行っていればいいのですが、それもせずに、どうにかなるだろうとそのままにしておく。すると、排便時にひどい腹痛や出血をともなってから病院に駆け込むことが多いようです。

      bennpi2


      便秘なので、病気という意識がないというのもあるかもしれません。


      一般的に便秘に対する病院における処置例としては、浣腸で腸内にたまった硬い便の排泄と下剤の内服薬による処置をおこないます。

      かたくつまった便をやわらかくする内服薬はないようです。浣腸がもっとも効果的な治療法となります。

      浣腸が癖になることを心配する方も多いようですが、あくまでも、排便の癖をつけることを目的にすれば問題はないとされるようです。

      浣腸があるからと言って、便秘改善をせずにいるということは、体内環境を悪いままにしておき、薬の力で対処し続けるということ。


      パパとママは、やはり、自然の状態での排便ができる方法を考えるようになりました。ママいわく、長女のあのお腹の痛がりようは、二度と見たくないと言います。


      便秘の治療として、水薬を使うこともありますが、腸管運動を刺激する薬とされていますので、便が硬くつまった状態での使用は、腹痛や吐き気をもよおす可能性もあります。


      病院や薬に頼らずに、便秘改善につなげるためには、排便前のトイレに行きたい感覚と、排便後のすっきり感に慣れさせ、それが普通な状態にしてしまうことが重要ですね。


      できれば、病院の治療になるまでほっておかないことが大切です。漢方薬やツボ、腸内環境の改善などによって、便秘を解消していく努力が大切です。


      自宅で有効とされる方法を試しても、便秘が良くならない場合は専門医に相談したほうがいいかもしれません。


      3歳児前後の乳幼児では、便を我慢し、直腸が拡大。直腸の刺激による便意が出にくくなる、さらに便がたまってしまうという症例が多く報告されています。


      便意がない→トイレにいかない習慣→排便しない→便がたまる→腹痛などで食欲の低下→食がほそくなる→便意がさらになくなる→便が硬くなる→便秘の悪化。


      便秘の悪循環だけは避けたいものです。

      ただ、便秘の原因は単純なものではありません。環境などによるストレスなど、様々な要因があります。大人であれば、環境に変化を起こすことができますが、子どもには難しいと思います。


      大人がしっかりと子どもの状態を知り、安全に対処できることが大切だと感じます。


      安全なもの、オリゴ糖などを使用することが望ましいのですが、安全なものはやはり自然由来のものですので、即効性は期待できないと感じます。ただ、安全性は外せません。


      kaitekiorigo


      我が家でも長女だけでなく、ママの妊娠期間中にも便秘との闘いがありました。


      ちょっとした工夫を摂り入れることで、安全に家族の笑顔を手に入れることができたら、最高ですね。


      我が家のおすすめオリゴ糖は、カイテキオリゴ。


      なぜ、カイテキオリゴにしたかというと、まず、安全性。目の前の苦しさを取り除くために、さらに問題が起こるようなことはしたくありません。


      全国で売れているということと、口コミ。


      便秘改善は意外と手軽な方法で取り組むことができます。ただ、ご家族の安全を前提にすべきだとパパは考えています。

      なんて優しいパパ♪

      家族が笑顔だと、パパも幸せなんです!

      便秘症状で悩む、そんな状況に変化を起こしましょう。家族の笑顔、すっきり感はとても大切。日々を幸せに過ごしましょう!

      カイテキオリゴの口コミ、キャンペーンなどはこちらです→ カイテキオリゴ


       

      posted by: にらい | 便秘に効く | 01:29 | comments(0) | - |
      子どもの便秘 学童期の便秘の原因と対策
      0

        JUGEMテーマ:健康

         

        年齢ごとの便秘の特徴で学童期(7歳〜)に注目してみましょう。

        7歳というと小学校の2年生が多いと思います。小学校にも慣れて、かなり活動的になる時期ですね。活発になるとともに、さまざまな環境への適応が求められていく時期でもあります。

        食事の多様化に加え、学校生活などから社会的、心理的要素が大きく加わる時期ともいえるでしょう。

        学校で便意を感じてもトイレに行きたいという主張ができず、我慢することが多くなります。本来は、排便コントロールで、リズムを作っておくことが望ましいのですが、体調により、そのリズムがくずれることがあります。

        bennpi


        リズムがくずれた場合に、予想外のタイミングで便意を感じることがあっても不思議ではありませんが、学校という社会環境の中では排便できないという意識が強くはたらくようです。


        パパも経験があるのですが、たとえば学校の授業中。お腹が痛くなってトイレに行きたい。でも、トイレに行くというとみんなの注目を浴びてしまう。排便することは悪いことではないのですが、学校で排便することが恥ずかしいという意識がはたらいてしまったことがあります。


        我が家の娘たちに話を聞いてみると、あまり気にせずトイレに行くことができる環境になってきているようですが、我慢してしまう子も多いといいます。


        朝食を抜くことで、朝の排便習慣がつかないことも排便リズムがくずれる一因といわれています。小学校では「早寝早起き朝ごはん」という声かけで朝ごはんを食べる習慣づくりが進んでいるようですが、寝る時間が遅く、早起きができない。そのために朝食を食べずに学校に来る子どもも少なからずいるようです。


        リズムがくずれ、排便を我慢することによって、便秘症状となってしまう。


        軽度の便秘であれば、食事を工夫し水分をとることによって対処ができます。ところが、食事の工夫で便秘症状が改善しない場合はなんらかの対処方法が必要になります。

        オリゴ糖は腸内環境を整える効果にすぐれています。便秘解消には非常に効果的ですが、下剤のような薬ではないですので、徐々に効果が表れるという感じでした。

        ただし、シロップ状の市販のオリゴ糖を最初は試しました。パパと次女は便秘に縁がないので、ママと長女が実際に使っていましたが、糖分が多いのか便秘解消につながるよりも体重に変化が起こってしまいました。

        これじゃ、便秘解消につながる前にほかの問題がおきてしまいますね。


        我が家がたどりついたのは粉末のオリゴ糖。カイテキオリゴというものです。スーパーなどで売られているシロップ状のオリゴ糖とは大きく異なると思います。また、粉末状ですので、いろいろと使い道もあり便利です。

        kaitekiorigo2


        便秘に関しては、注意しなければならないこともあります。

        どのような年齢であれ、便秘があって食欲が落ちる、おなかの張りがひどい、排便の時に下痢状の便が激しくふきだす、排ガス(おなら)や便のにおいがきつい状態が続くようであれば、専門医を受診するべきでしょう。


        便秘のつらさは本人しかわかりません。


        子どもにとって便秘症状が続くことは大きなストレスになると思います。勉強などへの影響も心配されますが、我が家で経験したのは長女のアトピー発症。

        便秘が続いた場合、やっと出た便のにおいは普通と大きく異なります。

        パパとしては長女のトイレのあとに大きな違和感を感じていたのですが、そんなこともあるのかなくらいにしか考えていませんでした。

        その状態が続いた後、アトピー症状が出てきて、夜も寝られないというような状況にまでなりました。アトピーと便秘の関連性は医学的にも説明できるものではないと思いますが、パパとしては免疫系のかかわりなのかなと素人ながらに考えてしまいます。

        便秘を軽く考えていたこと、パパの大きな反省となっています。

        粉末状のオリゴ糖、カイテキオリゴ  の成分やその使いやすさ、そして一番言えるのは妊婦の方や赤ちゃんでも使えるというその安全性をご覧ください。便秘解消のためとはいえ、やはり安全性を確保することがパパは大切だと考えています。


        子どもの便秘に効く方法、子どもの便秘にどうしていいかわからないなど多くの悩みもあるかと思います。ぜひ、一度、カイテキオリゴをごらんください。


        子どもたちのすっきりした笑顔。子どもはやっぱり元気な姿が一番似合います。
        赤ちゃんにも使えるその安全性、その成分や効果、口コミはこちらです→ カイテキオリゴ

         

        posted by: にらい | 便秘に効く | 08:45 | comments(0) | - |
        幼児の便秘に悩まされた長女 幼児の便秘の特徴
        0

          JUGEMテーマ:健康

           

          年齢ごとの便秘の特徴として幼児期(2歳〜6歳)に注目してみました。

          実は我が家の長女が便秘でかなり悩まされた時期。力むと痛いのかトイレに行きたがらない。それが悪循環となってより便秘症状が高まってしまう。前にも書きましたが、パパが仕事に行っている間、ママが長女を病院に連れて行かなければならないほどの状態になったこともあります。

          お腹が痛いと転げまわっていたというのです。

          bennpi


          この時期の便秘、長女はその後アトピーを発症してしまいます。因果関係は医学的にはっきりとはしていないようですが、免疫系で考えるとつながりがあるのではないかなんてパパは感じています。便秘解消後にアトピー症状がかなり軽減されていた事実があります。

          そんな幼児期の便秘の特徴を見てみましょう。

          離乳食が開始される時期から、食事が変化することによって便秘になることが多くなります。お肉などの高たんぱく質なものを食べるようになり、野菜・繊維質などが不足することなどや、偏食による便秘が多く見られる時期です。

          便秘にはバランスのよい食事をとることが大切です。これは年齢に関係なくいえることですね。

          乳製品や果物、繊維の多い食材を使った食事を工夫すると 便秘に効果的です。 便秘によい果物としては、イチゴ、オレンジ、バナナなどがあげられます。便秘解消に必要な繊維の多い食材は、しいたけ、ひじき、わかめ、あずき、インゲン、エンドウ、ダイズ、ごぼうなどがあげられます。

          プルーン果汁やりんご果汁なども便秘解消に効果的であるとされます。ほかには繊維質の豊富なシリアル、ココアも便秘に効果的だといわれています。


          調味料としても使えるオリゴ糖は使い勝手がよく、ヨーグルトなどに混ぜると子供たちもよろこんで食べてくれます。ヨーグルトではフルーツなども入れることでより美味しくなります。とても使い勝手がいいですよ。


          3歳ごろはトイレトレーニングの時期であり、1日に2回、食後の10分間は便座に座る習慣をつけさせる必要があります。

          我が家の長女は、とにかくトイレを嫌がっていました。トイレの壁に貼った100円均一で購入したくまのプーさんステッカーが大成功しましたが、それは便秘症状がだいぶ進んでからのことです。


          トイレトレーニングの際、なかなかうまくいかない状態に親がイライラすることによってトイレ自体が嫌になるケースもあります。

          そうなると便秘状態を引き起こし、なかなか直らないということになりかねません。


          子どもにとって排便トレーニングは大切な時期であり、時間がかかるものであるという意識を持ったほうがいいでしょう。あせりはイライラを生み、悪循環へとつながります。


          それでも便秘になってしまったら、安全を第一に考えた上で、しかも手軽に使えるカイテキオリゴ はオススメですよ。シロップ系のオリゴ糖よりも選ばれる理由があります。

          我が家ではママの妊娠中にカイテキオリゴの良さを知りましたが、長女が生まれてからしばらくはママの調子がよくなり、カイテキオリゴの存在を忘れ去っていました。

          長女の便秘、大人の便秘とは異なるイメージでいたのすが、その改善方法は大きな差はないと気づきました。子どもにも使えるどころか、赤ちゃんにも使えるレベルの安心感は親のストレス軽減にもつながります。

          出た〜という笑顔、便秘のつらさは本人しかわからないのですね。



          kaitekiorigo


          カイテキオリゴ は便秘解消だけでなく、アトピーにも効果があるという口コミが多数あります。長女が便秘が継続した後、アトピー症状を発症。パパの思った通り!そもそもオリゴ糖に免疫機能をあげる働きもあるという情報も耳にします。

          オリゴ糖、便秘解消などを目的に売れているのがカイテキオリゴ。

          kaiteki


          経験上、すぐに効果が出る下剤とは異なります。大切な子どもを中心に使うことを考えた時、安全性は即効性よりも重要というのがパパとママの考えです。
          カロリーが気になる方や、赤ちゃんなどにもオススメです!

           実は、『カイテキオリゴ』は 
           日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。  

          そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。しかし、親にとって子供は命より大切なもの。


          “本当に安心できるもの”を選びたいですよね。皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、シロップ状の物ではありませんか?実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。

           

          『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。それは、販売者から「買ってください」という

          一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。

          ご購入いただいたお客様から、
          「もっと早く知っていれば良かった」
          「こんな手応えは初めて!」


          というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まってその結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として皆様に信頼をいただいている商品です。※2010年3月現在 日本能率協会総合研究所調べ【体感できて信頼できる品】

          だからこそ、多くのご家族に選ばれているのです。

          ママや子どもののスッキリ生活にお役立て下さいね。

          ▼『カイテキオリゴ』
            もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!




          大きな悩みになる前に、便秘症状がひどくなる前に、ぜひ、知っていて損はありませんね。


           

          posted by: にらい | 便秘に効く | 00:16 | comments(0) | - |
          赤ちゃんの便秘 乳児に便秘なんてある? 幼児の便秘は経験済!
          0

            JUGEMテーマ:健康

            JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

            年齢ごとの便秘の特徴を見てみましょう。そもそも、お母さんの母乳や粉ミルクが中心となる乳幼児の時期に便秘なんてあること自体に驚きました。

            我が家でも妊娠中のママや長女が3歳くらいの頃に便秘に悩まされた経験がありますが、その便秘解消方法を調べていて、乳幼児の便秘があることを知り、驚きました。

            母乳での育児の場合、1ヵ月くらいまでは1日に数回の水様の便が出ることが多いはずですね。ただし、2ヶ月くらいになると排便回数が減少することがあるようです。

            数日に一度の排便でも、便がとても硬い状態になったり、排便量が少ない状態になっていなければ問題はないようです。

            ただ、デリケートな赤ちゃん、気になるようであれば、肛門周囲、肛門の中を綿棒で刺激したり、母乳以外の水分を1回につき20ミリリットルを1日に数回与えると良くなることが多いようです。

            もちろん、綿棒の使用については細心の注意を払う必要があると、パパは個人的に思います。なんだか、外部刺激がないと排便できないなんてことになるのではないかなんて心配もしてしまいます。

            人工乳の場合はミルクの水分量を20ミリリットルほど増やすことで改善しやすいという報告もあります。

            乳幼児では、便秘にならないようにすることが大切です。便秘でお腹が痛いなんてことがあっても、それを主張できないのが赤ちゃん。泣いて訴えるしかできないのです。あまりにも泣いている状況が続くと、赤ちゃんも大変ですが、そのパパやママも心配でストレスが溜まってしまいますよ。

            乳幼児から使えるカイテキオリゴもあります。

            ただ、あくまでも天然素材のカイテキオリゴは下剤のような薬ではありません。オリゴの基本効果としては腸内環境の改善です。即効性をもとめるようなものではないのですが、少しずつ、改善に向かうのであれば、それは安心につながりますね。

            乳幼児の便秘がなかなか改善されない状態であれば、生まれつき肛門が狭い可能性もあるようです。これについては病院で肛門を少し広げる処置で改善できるという話もあります。

            大切な赤ちゃん。健康な状態で成長してもらいたいものです。

            我が家でもそうですが、予想外の健康上の問題や、けがなどは日常茶飯事でした。パパやママは落ち着いて、しっかりと正しい対処で動けるゆとりが大切だと思いますよ。

            なんだか、美味しい生活やグルメとかけ離れていってしまうパパのブログ。う〜ん、家族みんなで美味しいご飯を食べ、健康的にすごしていくためのヒントとしてすすめていきましょうかね?

            便秘で困ったときに利用したカイテキオリゴ。年齢を問わずに試すことができます。我が家ではママと長女、便秘で苦しんだことがあるので、便秘の大変さ、他人事ではありません。

            特に子供たちが、便秘で苦しむ状態は早い段階で改善してほしいというのが本音です。

            kaitekiorigo


            カイテキオリゴ は便秘解消だけでなく、アトピーにも効果があるという口コミが多数あります。長女が便秘が継続した後、アトピー症状を発症。パパの思った通り!そもそもオリゴ糖に免疫機能をあげる働きもあるという情報も耳にします。

            オリゴ糖、便秘解消などを目的に売れているのがカイテキオリゴ。


            経験上、すぐに効果が出る下剤とは異なります。大切な子どもを中心に使うことを考えた時、安全性は即効性よりも重要というのがパパとママの考えです。
            カロリーが気になる方や、赤ちゃんなどにもオススメです!

             実は、『カイテキオリゴ』は 
             日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。  

            そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。しかし、親にとって子供は命より大切なもの。


            “本当に安心できるもの”を選びたいですよね。皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、シロップ状の物ではありませんか?実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。

             

            『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。それは、販売者から「買ってください」という

            一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。

            ご購入いただいたお客様から、
            「もっと早く知っていれば良かった」
            「こんな手応えは初めて!」


            というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まってその結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として皆様に信頼をいただいている商品です。※2010年3月現在 日本能率協会総合研究所調べ【体感できて信頼できる品】

            だからこそ、多くのご家族に選ばれているのです。

            ママや子どもののスッキリ生活にお役立て下さいね。

            ▼『カイテキオリゴ』
              もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!




            大きな悩みになる前に、便秘症状がひどくなる前に、ぜひ、知っていて損はありませんね。
            posted by: にらい | 便秘に効く | 00:11 | comments(0) | - |
            子どもの便失禁とは 便秘の症状悪化
            0

              JUGEMテーマ:健康

               

               

              子どもの便秘で注意するべきことがあります。子どもの便秘では、きちんと対処しない場合、さまざまな問題を引き起こすことがあります。

              もちろん、大人でも同じだとは思いますが、子どもにそんな思いはさせたくないというのが本音。

              便秘が長い期間続くと、腸が太く長くなり、便秘が慢性化させてしまう可能性があるのです。便秘だからといって、成長に必要な食事を欠かすわけにはいきません。食事をすることは栄養を吸収した後のカスは必ず出てきます。

              排便は必要な生活のサイクルなのです。

              排便がうまく進まない状況では、カスを体内にため込まざるを得ないということです。そのような状況が続くと便失禁を起こすようになる可能性もあるようです。


              ある小児外科にある便秘外来での報告では、週に1〜2回しか便が出ない状態で、1年以上を経過したあとに初めて受診する患者が多いそうです。


              便秘は病気というイメージがないようで、そのうち治るだろうという安易な気持ちの方が多いようなのです。

              慢性の便秘になってしまうと、直腸が太く長くなってしまいます。自力で出せる量の便がたまったくらいでは便意を感じなくなってしまいます。

              なかなか出ない上に、力むと痛いので、トイレに行くことが嫌になり、ますます便秘がすすむという悪循環に陥ってしまう。


              お腹もおしりもいたい。これは長女が幼い頃、よく口にしていた言葉。とにかくトイレに行くことを嫌がっていました。


              その状態がすすむと、硬い便の上にある緩い便がおりてきて、肛門からもれてしまうこともあるようです。これが、便失禁。

              早寝早起きで便を出す習慣、トイレに行く習慣をつけることが大切なのですが、さまざまな問題で心因性の便秘になることもあります。その場合はカウンセリングなども必要かもしれません。

              子どもの便秘においては、食習慣をつけさせていない、しつけが悪いなどと、親が責められることもあります。

              これは根拠のないことだと感じます。

              特にお母さんを非難することで緊張させてしまうと、子供まで緊張が伝わります。本当に協力したいのであれば、周囲の方が正しい知識をもつ必要もあると思います。

              5〜6日以上に1回しか出ない状態であれば、医療機関に相談したほうがいいでしょう。

              小学生以上でも、便失禁が続くようであれば、専門の医師に相談すべきだと思います。

              娘は便秘状態が続いたあとにアトピーを発症しました。これは因果関係の有無を調べています。腸と免疫力はいろいろとその関係性が話題になることもあります。やはり関係があるのではないかと感じています。

              実際、便秘が解消されてからはアトピーの状態が落ち着いたという娘の経験もあります。


              便秘、本人しか知らない苦しみです。すっきりとした感覚が当たり前である人にはわからない苦しみ。子どもたちがそんな状況だとしたら、体のきつさだけでなく、子どもらしい生き生きとした生活を送っていないことも考えてやらなければならないと思います。



              kaitekiorigo2

              カイテキオリゴ は便秘解消だけでなく、アトピーにも効果があるという口コミが多数あります。パパの思った通り!そもそもオリゴ糖に免疫機能をあげる働きもあるという情報も耳にします。

              オリゴ糖、便秘解消などを目的に売れているのがカイテキオリゴ。


              経験上、すぐに効果が出る下剤とは異なります。大切な子どもを中心に使うことを考えた時、安全性は即効性よりも重要というのがパパとママの考えです。
              カロリーが気になる方や、赤ちゃんなどにもオススメです!

               実は、『カイテキオリゴ』は 
               日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。  

              そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。しかし、親にとって子供は命より大切なもの。


              “本当に安心できるもの”を選びたいですよね。皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、シロップ状の物ではありませんか?実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。

               

              『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。それは、販売者から「買ってください」という

              一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。

              ご購入いただいたお客様から、
              「もっと早く知っていれば良かった」
              「こんな手応えは初めて!」


              というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まってその結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として皆様に信頼をいただいている商品です。※2010年3月現在 日本能率協会総合研究所調べ【体感できて信頼できる品】

              だからこそ、多くのご家族に選ばれているのです。

              ママや子どもののスッキリ生活にお役立て下さいね。

              ▼『カイテキオリゴ』
                もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!




              大きな悩みになる前に、便秘症状がひどくなる前に、ぜひ、知っていて損はありませんね。

               

              posted by: にらい | 便秘に効く | 21:52 | comments(0) | - |
              インフルエンザニュース 異常行動を国が認めた!
              0

                JUGEMテーマ:健康

                JUGEMテーマ:おとりよせ

                 

                 

                インフルエンザにかかり、急に走り出したり、高いところから飛び降りたりという異常行動が後を絶たちません。これはメディアで注目される一部の内容かと思いきや、その現象が後を絶たないとして厚生労働省によって各都道府県に対策を促すことが決定されました。

                教育業界では10月から11月というと入試体制が高まっている時期。子どもたちへのインフルエンザ感染対策への声かけがかなり高まる時期でもあります。

                パパん家でも二人の娘たちはインフルエンザワクチン接種を行っています。沖縄県では10月に入ってから予約開始となりました。病院によってその費用は異なりますが、かかりつけの病院では1回のインフルエンザワクチン接種で4320円。家族4人、13歳未満の二人の娘は2回の摂取。愛するママは1回の接種。計5回分のインフルエンザワクチン接種の費用がかかります。

                高ぁぁぁぁい!

                influenza2jpg


                パパはそのワクチンでインフルエンザと同様のレベルになるため、接種しません。以前、2回、インフルエンザワクチンによって、インフルエンザ症状を発症しています。

                純粋な生き物のパパ。こんなパパは、とにかく栄養と睡眠を意識していますが、日々のビールと酎ハイだけはやめられない。

                健康維持には体だけでなく、心の栄養も必要なんです!
                ママにこの記事を読まれないようにしなきゃいけませぬなぁ〜。読まれた日には、心に不満があるのかということで、問題が起こるかもしれません。


                さあ、真面目にいきましょう。


                そのインフルエンザに対して、厚生労働省が動き出したということで、みなさんで共有しておきたいと思います。


                ついに国が動き出したということで、他人事として安易に考えるべきではない状況が身近にきていると感じます。

                influenza


                インフルエンザ、空気が乾燥して寒さなどで体力が落ちる冬の時期に気を付けなければならないという感覚でいたのですが、近年はその状況に変化が起こっています。沖縄に住み、20年以上がたちますが、明らかにここ数年のインフルエンザ事情は、過去と違ってきています。

                昨シーズンにおいて、子どもを中心に54件の異常行動が厚生労働省で報告されています。その異常行動の原因ははっきりしていないのですが、インフルエンザ自身の影響なのかその治療薬の影響なのかということははっきりしていません。

                ただ、はっきりしているのはインフルエンザに感染したこととその治療において異常行動を起こす子どもたちがいるということです。

                厚生労働省は2017年11月22日、インフルエンザに感染した子どものいる家庭では、ドアや窓を施錠するなどの対策を促す通知を各都道府県に出すことを決定。

                以前からインフルエンザ治療薬タミフルと異常行動の関連は指摘されてきていますが、薬の種類や服用の有無にかかわらず、異常行動は起きているようです。

                国はその現象に対して、インフルエンザの流行入り前に「対策を徹底して事故を未然に防いでほしい」と呼び掛けています。

                インフルエンザに関する厚生労働省の通知の新たなポイントを見てみましょう。

                 〜襪筝軸悗了楙
                ◆〜襪吠篏錠の設置
                 一戸建ての場合は一階に寝かせる

                などの異常行動への対策効果が期待できる対策を盛り込むことを検討。

                全国的にインフルエンザの異常行動が問題になる前に対策をした国の想いを感じます。さらにインフルエンザ治療薬タミフルだけではなく、ほかの治療薬でも同様のリスクがあることを明記するようです。

                厚生労働省のインフルエンザの副作用報告によると、昨シーズンにインフルエンザ治療薬を服用した患者のうち、飛び降りや転落につながる異常行動が次の通りの件数になっています。

                タミフル・・・38件
                リレンザ・・・11件
                イナビル・・・5件

                上記、54件が厚生労働省の報告。

                厚生労働省研究班の別な調査報告もあります。それは、インフルエンザ治療薬の服用がない状態での異常行動も複数、報告があったというのです。

                インフルエンザ治療薬の服用の有無、種類に関係なく高熱による影響の可能性が指摘されています。

                リレンザ、イナビルを使った10代の2人は自宅マンションから転落するなどして死亡した事例があります。インフルエンザ治療薬との因果関係はわかっていません。

                近年、沖縄では夏場でもインフルエンザの感染が増えてきているという現状があります。

                気候の変動によるものかどうかはわかりませんが、手洗いやうがいなどとともに栄養面や体力面での対策も必要ですね。パパはビールや酎ハイも必要なのです。

                我が家ではビタミンCの補給を欠かしません。ただ、パパはすっぱいのが苦手。冬場のおいしいみかんでこのような状況を乗り切りたいと思います。

                インフルエンザ、できるなら感染しないように自分自身でできる対策をとることが大きなポイントになると感じます。私の家族だけではなく、私の知り合いで購入する人気のあるみかんを紹介します。値段をみて驚いてみてください。

                前回の記事でも紹介しましたが、このみかんをどん欲に食べるのが我が家の女子軍団。パパは会社の事務所に送付してもらう作戦でいこうと思っています!このみかんは食べてみるべき価値があります!

                インフルエンザワクチンよりもはるかに安いって個人的には思ってしまいますが・・・。

                糖度の高い全国出荷のこのみかんは売り切れることが多いので、売り切れの際はごめんなさい。

                →ビタミン補給をしたい→すっぱいよりは甘い→全国レベルのみかんの美味しさを試してみたい→ 甘熟みかん

                インフルエンザ対策、美味しくビタミンCを補給したいです!
                大人も子どもも感染しないような対策が重要です。家族もよろこびますが、おじいちゃんやおばあちゃんなどのお年寄りはこんなみかんがあったのかなんて驚かれるかもしれませんね。

                ご訪問、ありがとうございます。

                posted by: にらい | コラム | 01:20 | comments(0) | - |
                便秘のつぼ 天枢・大横・大巨 簡単にできる便秘改善!
                0

                  JUGEMテーマ:健康

                  便秘解消を特集し始めて、なんだかグルメやご飯から離れていっている感じになっています・・・。まあ、気にせずいきましょう。美味しいグルメを楽しむためにも便秘改善は大切!なんて勝手に思い込んでいきたいと思います。

                  実際、妊娠中の頃のママ、便秘がアトピー発症のきっかけになったのではないかとパパが思っている長女、あの頃は美味しいとかグルメとかそういう状態ではありませんでした。

                  食べることを楽しむためにも、健康って大切だと思います。


                  ということで、便秘改善につながるつぼ、パパが調べて実践したものを紹介しますね。


                  便秘でお腹が張る状態を改善するつぼ、女性に多いとされる便秘症。特にお腹に赤ちゃんがいる状況ではかなりの確率で便秘に悩まされるようです。さらに、これはもっとつらい状況になりますが、最近では幼児の便秘も多くなってきているようなのです。

                  胃腸に活力を与える「天枢(てんすう)」というツボに刺激を与えて、不快ば便秘を解消しましょう。

                  tennsuu

                  「天枢」はへその両脇に指3本分外側にあります。「天枢」というツボは、毎朝、布団に寝ながらへその両側の「天枢」を時計回りに円を描くように押しもむことが効果的です。

                  若い頃のパパはママの天枢マッサージをしながら発情した経験・・・。ママはそれどころではないのに、元気なパパ・・・。こんな話はやめておきましょう。今やED改善に力を注ぐ状態ですが・・・。


                  「天枢」近くにある「大横(だいおう)」「大巨(だいこ)」というツボも補助的に刺激しましょう。


                  「大横」というツボはへその両脇に指5本分外側にあります。「大横」は親指以外の4本の指をそろえて指圧すると便秘の解消に効果的とされます。


                  「大巨」は「天枢」の指3本分下にあります。仰向けになって押しましょう。

                  daiou-daiko


                  食の欧米化や不規則な食生活、運動不足は消化機能を低下させてしまいます。

                  排便は1日1回が理想ですが、個人差があります。3日から1週間以内の間に良い便が出てすっきりするのであれば問題はないかもしれません。


                  ただし、血が混じったり、固くて出にくい、残便感があるといった場合は、専門医に相談したほうがいいと思います。


                  大人の場合は自分でも判断できますが、幼児の場合は自分で判断できません。娘の便秘状態は知っていましたが、どうしていいのかわからないというあの頃を思い出します。


                  基本的には食物繊維を多めにとって、軽い運動を心がけ、決まった時間にトイレに行く習慣をつけることで腸内環境は良くなっていきます。

                  ただ、子どもの便秘の場合、それ以外の原因もあるのではないかという気もします。

                  腸内環境を良い状態に整えてやることが親として必要だったのだろうという気がします。野菜など多くの食物繊維や、乳酸菌などでの腸内環境改善、子どもが嫌がるなら、嫌がらない方法をとりいれることが大切です。

                  無理強いは大きなストレスを子どもに与えるだけでなく、親もストレスを感じるはずです。

                  10年前の長女に、今のパパの知識と情報、よりよいものを手に入れられる環境さえあれば、あの当時の苦しみを感じさせずに済んだのではないかという想いがあります。

                  よりよい環境、子どもはもちろんのこと、ママへも整えてやりたいですね。


                  つぼとともに同時並行ですすめたい、腸内環境改善。薬に頼らないオリゴ糖はオススメですよ。我が家のママと長女を救ってくれた、そのおかげでパパと次女も救われた!

                  平和が一番!

                  kaitekiorigo2

                  カイテキオリゴ は便秘解消だけでなく、アトピーにも効果があるという口コミが多数あります。パパの思った通り!そもそもオリゴ糖に免疫機能をあげる働きもあるという情報も耳にします。

                  オリゴ糖、便秘解消などを目的に売れているのがカイテキオリゴ。


                  経験上、すぐに効果が出る下剤とは異なります。大切な子どもを中心に使うことを考えた時、安全性は即効性よりも重要というのがパパとママの考えです。
                  カロリーが気になる方や、赤ちゃんなどにもオススメです!

                   実は、『カイテキオリゴ』は 
                   日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。  

                  そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。しかし、親にとって子供は命より大切なもの。


                  “本当に安心できるもの”を選びたいですよね。皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、シロップ状の物ではありませんか?実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。

                   

                  『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。それは、販売者から「買ってください」という

                  一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。

                  ご購入いただいたお客様から、
                  「もっと早く知っていれば良かった」
                  「こんな手応えは初めて!」


                  というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まってその結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として皆様に信頼をいただいている商品です。

                  だからこそ、多くのご家族に選ばれているのです。

                  ママや子どもののスッキリ生活にお役立て下さいね。

                  ▼『カイテキオリゴ』
                    もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!




                  大きな悩みになる前に、便秘症状がひどくなる前に、ぜひ、知っていて損はありません。

                  ビフィズス菌とともに腸内環境を良くする働きとカロリーが低いことを考えると天然オリゴ糖の購入者が女性に多いということもうなずけます。


                  口コミなどをご覧になってみてください。大きな変化を生み出す機会になるとパパは信じています。

                  ご訪問、ありがとうございました!

                  posted by: にらい | 便秘に効く | 23:28 | comments(0) | - |
                  百会 つぼで便秘改善につながるなんて!こりゃいい!
                  0

                    JUGEMテーマ:健康

                     

                     

                    便秘の原因の一つにストレスがあります。大人なら仕事のストレス、子どもにも学校や中学受験など、さまざまなストレスがあるのです。パパも美味しいミカンを食べられなかったストレスや、ここぞというときにおりゃ〜ってなれないストレスなどがあるのです。

                    まあ、人生、ストレスがあるから次は頑張ろうなんてなれるのかもしれません。

                    でも、実際に便秘の原因としてのストレスもあります。できることならストレスをなくしたいです。そこで、ストレスを軽減する効果が期待できるつぼと出会いました。それが、 百会(ひゃくえ)!


                    なんだか、、ED改善の記事あたりからつぼ効果を感じていて、すぐにつぼを調べてしまう習慣がついちゃっています。

                    ここからちょっと真面目にいきます。
                     
                    便秘の原因としてストレスがあります。ストレスはあらゆる病気のもととされています。そこで百会(ひゃくえ)というつぼを紹介します。
                     
                    百会というつぼは頭頂部と左右の耳の穴を結んだ線上のちょうど中央に位置します。指でさわると少しへこんでいるのですぐにわかると思います。この百会というつぼは体内のさまざまな神経が交わる部
                    分になっており、百会を刺激することで、さまざまな症状に効果的とされます。

                    hyakue

                     
                    自律神経ともつながっていて、ストレスによる体の不調をやわらげる働きがあります。
                     
                    便秘解消をするにはストレスの原因を取り除くことが一番ですが、なかなかその原因は取り除くことは難しいのではないでしょうか。

                    人間関係や仕事、学校など、なかなかその状況を取り除くなんてできないというのが現実だと思います。
                     
                    百会を刺激することで、自律神経を整えて体調をよくしましょう。便秘解消はもとより、いろいろな効果を生み出してくれるようです。
                     
                    こぶしを握り、親指の付け根で押すと効果的です。また、両手の中指を重ねて、頭の芯に向かって押すこともいいでしょう。頭がすっきりすることを実感できるはずです。ただ、力加減には注意してくださいね。心地よいというレベルが、パパの一番の力加減。
                     
                    便秘解消に百会というつぼのマッサージを取り入れましょう。


                    つぼとともに同時並行ですすめたい、腸内環境改善。薬に頼らないオリゴ糖はオススメですよ。我が家のママと長女を救ってくれた、そのおかげでパパと次女も救われた!

                    平和が一番!


                    kaitekiorigo2

                    カイテキオリゴ は便秘解消だけでなく、アトピーにも効果があるという口コミが多数あります。パパの思った通り!そもそもオリゴ糖に免疫機能をあげる働きもあるという情報も耳にします。

                     

                     

                    オリゴ糖、便秘解消などを目的に売れているのがカイテキオリゴ。


                    経験上、すぐに効果が出る下剤とは異なります。大切な子どもを中心に使うことを考えた時、安全性は即効性よりも重要というのがパパとママの考えです。

                    カロリーが気になる方や、赤ちゃんなどにもオススメです!

                     

                     

                     

                     

                     実は、『カイテキオリゴ』は 
                     日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。  

                     

                     

                     

                    そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。しかし、親にとって子供は命より大切なもの。

                     


                    “本当に安心できるもの”を選びたいですよね。皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、シロップ状の物ではありませんか?実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。
                     

                     

                    『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。それは、販売者から「買ってください」という

                    一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。
                     

                    ご購入いただいたお客様から、
                    「もっと早く知っていれば良かった」
                    「こんな手応えは初めて!」


                    というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まってその結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として皆様に信頼をいただいている商品です。
                     

                    だからこそ、多くのご家族に選ばれているのです。
                     

                    ママや子どもののスッキリ生活にお役立て下さいね。
                     

                    ▼『カイテキオリゴ』
                      もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!




                    大きな悩みになる前に、便秘症状がひどくなる前に、ぜひ、知っていて損はありません。

                    ビフィズス菌とともに腸内環境を良くする働きとカロリーが低いことを考えると天然オリゴ糖の購入者が女性に多いということもうなずけます。


                    口コミなどをご覧になってみてください。大きな変化を生み出す機会になるとパパは信じています。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    posted by: にらい | 便秘に効く | 00:46 | comments(0) | - |
                    幸せの箱買いミカン、ママの目が・・・。
                    0

                      JUGEMテーマ:おとりよせ

                       

                      冬になるとやけにミカンが食べたくなります。

                      最近、風邪をひいてしまったパパ。無性にミカンが食べたい!

                      どうせなら美味しいミカンが食べたいに決まっています。 パパが小学生のころ、お正月近くなる年末、おじいやおばあの家に行くと箱に入った大量のミカンがありました。 いとこ同士、その箱の周りに座って、むしゃむしゃと食べていた記憶があります。

                      ママに聞いてみるとママも同じような経験をしたといいます。 しかも、ママは1箱を数日で食べきった経験まであるとのこと。

                      恐るべし・・・。

                      手や足の裏が真っ黄色になったなんて大笑いするママ。

                      う〜ん、やっぱり恐るべし。

                      多くの家庭で箱買いしていたミカン。 みなさんは箱入りのミカン、思い出をお持ちではないですが? 口の中でジュワっとひろがるあの甘味。美味しいミカンをたらふく食べたい。

                      家族でビタミン補給もかねて、美味しいミカンを探していて出会いました! まあ、見た目はふつうなのですが、このミカンの甘味。

                      もうママの目が怖すぎる。獲物を狙うハンターの目。

                      やっと届いたと思い、一口たべるとあの頃の懐かしい甘味が口に広がります。この冬は甘熟ミカンでほんわかした時間をすごそうと思っていました。

                      最近、仕事がとても忙しくバタバタしている。おかげで体調も崩れ気味で風邪まで引いてしまいました。でも休めない。

                      こんなとき、やはり甘熟ミカンでビタミン補給と心のエネルギーをと思ったら、もうない・・・。

                      なんとハンターはママだけではない、二人の娘もママの強い遺伝子を引き継いでいた!

                      ううぅぅぅぅぅ・・・。

                      再注文して、会社へ送付してしまおうとパパは計画中。目には目を歯には歯を、ミカンにはミカンを。
                      なんのこっちゃ。 

                      糖度12度以上の甘熟みかん !!

                      光センサーで合格したものだけが、送られてきます。味にバラつきがなく、しっとりとしていてコクのある甘みが口の中に広がりますよ。寒い冬を乗り越える、大人買い箱ミカン、実家の父や母にも喜ばれます。お正月に向けた準備にもいいですね。


                      ハンターの目には要注意!



                      送料無料と考えると、普通にスーパーなどで購入するよりいいと思います。なかなか、この甘熟ミカンの糖度、出会えるものではありません。

                      ひとつ食べると、もうひとつ食べたくなる甘熟みかん 箱買いミカンの存在って、家庭に暖かさを運んでくれますよ。家族に内緒で注文して、それが届いた日の喜び、こんなにミカンってよかったんですね!

                       

                      posted by: にらい | グルメ | 00:55 | comments(0) | - |
                      病院に運ばれた長女、子どもの便秘の怖さ
                      0

                        JUGEMテーマ:健康

                         

                        子どもの便秘、単なる便秘ととらえないでほしいと思います。我が家の娘たち、今でこそ生意気ざかり、元気バリバリです。パパとしてはうるさいと感じるくらいなのですが、長女が3歳くらいのころだと思います。ひんぱんに便秘になる時期がありました。

                        いろいろと食べ物などで対処しようとしていましたが、なかなか改善せず。あるとき、パパの仕事中、ママから緊急電話。長女が急にお腹が痛いと転げまわる状態。緊急で救急車。

                        パパは仕事が抜けられず、仕事が終わってから病院へかけつけました。

                        長女が救急病棟の待合室ソファに立って、パパを見つけうれしそうに飛び跳ねています。力が抜け、その場に座り込んでしまったという経験があります。状況を聞くと、便秘状態がかなり悪化しており、浣腸によって出すことができたというのです。

                        この状況も大変ですが、パパが今になって思うことは、便秘状態が続くころからアトピー症状が出始めたことです。腸内環境の悪化で、免疫機能になんらかの問題をひきおこしたのではないかと考えているのです。もちろん、アトピーの原因や治療方法は医学的に解明されていないので、あくまでもパパの個人的な考え。

                        子供の便秘には放置してはいけない注意点があると思います。子供の便秘には、きちんと対処しない場合、さまざまな危険性もあるようです。

                        便秘が長い期間続くと、腸が太く長くなり、便秘が慢性化する可能性があるのです。場合によっては便失禁を起こすようになる可能性もあるらしいのです。


                        ある小児外科にある便秘外来での報告では、週に1〜2回しか便が出ない状態で、1年以上を経過したあとに初めて受診する患者が多いそうです。

                        便秘は病気というイメージがなく、そのうち治るだろうという安易な気持ちの方が多いようです。我が家でもまさにその状況があてはまります。

                        慢性の便秘になってしまうと、直腸が太く長くなってしまいます。自力で出せる量の便がたまったくらいでは便意を感じなくなってしまいます。

                        なかなか出ない上に、力むと痛いので、トイレに行くことが嫌になり、ますます便秘がすすむという悪循環に陥ってしまうことがあります。

                        その状態がすすむと、硬い便の上にある緩い便がおりてきて、肛門からもれてしまうこともあるようです。これが、便失禁というものです。

                        早寝早起きで便を出す習慣、トイレに行く習慣をつけることが大切です。ただし、転居や親の離婚などによる心因性の便秘もあります。その場合はカウンセリングなども必要でしょう。

                        子供の便秘においては、食習慣をつけさせていない親の責任、しつけが悪いなどと、親が責められることもあります。

                        これは根拠のないことです。

                        特にお母さんを非難することで緊張させてしまうと、子どもまで緊張が伝わります。本当に協力したいのであれば、周囲の方が正しい知識をもつ必要があるのではないでしょうか。

                        誰かを責めて解決する問題ではないのです。

                        5〜6日以上に1回しか出ない状態であれば、医療機関に相談したほうがいいでしょう。小学生以上でも、便失禁が続くようであれば、専門の医師に相談したほうがいいでしょう。

                        娘は便秘状態が続いたあとにアトピーを発症しました。因果関係があるのかどうかはわかりませんが、腸と免疫力は大きな関係があるようですので、やはり無関係とはいえないのではないかと思うのです。

                        病院にかかるレベルになる前に、便秘の解消ができるといいですね。


                        kaitekiorigo2

                        カイテキオリゴ は便秘解消だけでなく、アトピーにも効果があるという口コミが多数あります。パパの思った通り!そもそもオリゴ糖に免疫機能をあげる働きもあるという情報も耳にします。
                         

                        オリゴ糖、便秘解消などを目的に売れているのがカイテキオリゴ。


                        経験上、すぐに効果が出る下剤とは異なります。大切な子どもを中心に使うことを考えた時、安全性は即効性よりも重要というのがパパとママの考えです。

                        カロリーが気になる方や、赤ちゃんなどにもオススメです!
                         

                         実は、『カイテキオリゴ』は 
                         日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。  

                         

                        そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。しかし、親にとって子供は命より大切なもの。

                         


                        “本当に安心できるもの”を選びたいですよね。皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、シロップ状の物ではありませんか?実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。
                         

                         

                        『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。それは、販売者から「買ってください」という

                        一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。
                         

                        ご購入いただいたお客様から、
                        「もっと早く知っていれば良かった」
                        「こんな手応えは初めて!」


                        というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まってその結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として皆様に信頼をいただいている商品です。※2010年3月現在 日本能率協会総合研究所調べ【体感できて信頼できる品】
                         

                        だからこそ、多くのご家族に選ばれているのです。
                         

                        ママや子どもののスッキリ生活にお役立て下さいね。
                         

                        ▼『カイテキオリゴ』
                          もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!




                        大きな悩みになる前に、便秘症状がひどくなる前に、ぜひ、知っていて損はありませんね。
                        ビフィズス菌とともに腸内環境を良くする働きとカロリーが低いことを考えると天然オリゴ糖の購入者が女性に多いということもうなずけますね。

                         

                         

                         

                         

                         

                        posted by: にらい | 便秘に効く | 00:12 | comments(0) | - |